西田 章..

弁護士(第一東京弁護士会)で、キャリアコンサルティング&ヘッドハンティングをしています。著書「新・弁護士の就職と転職」(商事法務、2020年)。商事法務ポータルに「弁護士の就職と転職Q&A」を連載中 https://www.shojihomu-portal.jp/gyoukai

備忘録/弁護士の就職と転職/御礼メール

転職活動中のアソシエイトから、法律事務所訪問後に、「私から御礼メールを出していいですか?」と尋ねられることがあります。 質問の意図は、「紹介業者を介さないで、直…

備忘録/弁護士の就職と転職/シニア・アソシエイトの苦悩

大手法律事務所のアソシエイトからは、彼・彼女らがその年代に特有の悩みを抱えていることを教えてもらいます。 1年生は、司法修習とはまったく違う実務に戸惑って、長時…

備忘録/弁護士の就職と転職/二度目の転職相談

携帯電話に知らない番号からの着信。応答してみると、4年前に事務所の移籍を仲介したアソシエイトからの再度の転職相談の相談でした。 一般論でいえば、 「転職回数は少な…

備忘録/「全国 法律事務所ガイド2016」

昨日、キャリア相談を受けた70期に、「就活で今の事務所をどうやって選んだの?日弁連のひまわり求人?」と尋ねてみたところ、「司法修習生時代に『全国法律事務所ガイド20…

備忘録/弁護士の就職と転職/「大手法律事務所に長く勤めていると市場価値が下がる」と脅されるのはなぜか

大手法律事務所で最先端又は大型案件に従事することは、良い経験であることは確かです。激務に耐えて経験を積み重ねているにもかかわらず、転職エージェントから「年次が上…

備忘録/弁護士の就職と転職/大手法律事務所出身者は第二新卒市場で価値が高いか

法科大学院ができる前は、「司法試験合格者間の平等」は(相当程度に)保たれていたように思います。そもそも合格順位は本人にも知らされていなかったので、あるとすれば、…