西田 章..

弁護士(第一東京弁護士会)で、キャリアコンサルティング&ヘッドハンティングをしています。著書「新・弁護士の就職と転職」(商事法務、2020年)。商事法務ポータルに「弁護士の就職と転職Q&A」を連載中 https://www.shojihomu-portal.jp/gyoukai

西田 章..

弁護士(第一東京弁護士会)で、キャリアコンサルティング&ヘッドハンティングをしています。著書「新・弁護士の就職と転職」(商事法務、2020年)。商事法務ポータルに「弁護士の就職と転職Q&A」を連載中 https://www.shojihomu-portal.jp/gyoukai

    ウィジェット

    • 商品画像

      新・弁護士の就職と転職――キャリアガイダンス72講

      西田 章
    • 商品画像

      弁護士の就職と転職―弁護士ヘッドハンターが語る25の経験則

      西田 章
    • 商品画像

      全国 法律事務所ガイド2016

    マガジン

    • 企業法務insiders

      • 1,054本

      ビジネスの現場と法令との間で葛藤&奮闘する企業法務の「中の人」たちが書くnoteを集めたマガジン。「中の人」の定義は広めで。

    • 西田法務研究所通信

      NBL掲載「西田法務研究所通信」

    • 著作等

      過去に公表した著作等を紹介していきます。

    • セミナー/講演等

      過去に登壇したセミナー/講演の資料を掲載していく予定です。

    記事一覧

    備忘録/弁護士の就職と転職/転職先を決めない退職(キャリアの空白期間)

    事務所に退職届を出して、有給消化中のアソシエイトの転職相談。 「一度、仕事を休んで、リセットした状態で、次を考えたい」という気持ちは理解できる。焦って、ミスマッ…

    西田 章..
    3年前

    備忘録/弁護士の就職と転職/サプライズを与えない

    日本経済新聞社の年末恒例の弁護士ランキングでは、中村直人先生が、「企業が選ぶ企業法務分野」で7年連続1位に輝いています。 弁護士の中には「自分は負けたことがない…

    西田 章..
    3年前

    備忘録/弁護士の就職と転職/紹介業者の「負荷」価値

    13年前、ぼくが、人材紹介業を始める際に、他者の作ったサーチ会社に参加したのは、 ― 社長が採用側企業・法律事務所を営業に回り、自分が、若手弁護士層を回って、サーチ…

    西田 章..
    3年前

    NBL2019年10月1日号

    西田 章..
    3年前

    NBL2019年9月1日号

    西田 章..
    3年前

    弁護士の就職と転職/備忘録/「減点主義」と「加点主義」

    ぼくは、大手事務所所属時代に、 ― 経産省(経済産業省政策局) と ― 日本銀行(金融市場局と決済機構局) に二箇所続けて出向に行かせてもらいました。 この出向経験は…

    西田 章..
    3年前
    備忘録/弁護士の就職と転職/転職先を決めない退職(キャリアの空白期間)

    備忘録/弁護士の就職と転職/転職先を決めない退職(キャリアの空白期間)

    事務所に退職届を出して、有給消化中のアソシエイトの転職相談。
    「一度、仕事を休んで、リセットした状態で、次を考えたい」という気持ちは理解できる。焦って、ミスマッチを起こすよりも、今度は、じっくり考えて探したい、ということなのだろう。

    が、キャリアの空白期間を作ることに対するリスクについては、あまり自覚がなさそう。

    これだけ売り手市場が続くと、「別に無職状態でも、贅沢を言わなければ、どこか見つか

    もっとみる
    備忘録/弁護士の就職と転職/サプライズを与えない

    備忘録/弁護士の就職と転職/サプライズを与えない

    日本経済新聞社の年末恒例の弁護士ランキングでは、中村直人先生が、「企業が選ぶ企業法務分野」で7年連続1位に輝いています。

    弁護士の中には「自分は負けたことがない」という点を自慢する人もいますが、中村先生については、「クライアントにサプライズを与えない」という点が人気の秘密だと言われます。クライアントから、それだけの評価を受けるほど、「事件の見立て」が優れていることが想像されます。

    備忘録/弁護士の就職と転職/紹介業者の「負荷」価値

    備忘録/弁護士の就職と転職/紹介業者の「負荷」価値

    13年前、ぼくが、人材紹介業を始める際に、他者の作ったサーチ会社に参加したのは、
    ― 社長が採用側企業・法律事務所を営業に回り、自分が、若手弁護士層を回って、サーチ業務を担当する、
    という分業体制が成立するという期待があったからです。

    しかし、すぐに、それが無理だと感じました。

    というのも、
    ― サーチ会社の社長にとっての良いクライアント=金払いの良い企業・法律事務所

    ― 候補者にとっての

    もっとみる
    弁護士の就職と転職/備忘録/「減点主義」と「加点主義」

    弁護士の就職と転職/備忘録/「減点主義」と「加点主義」

    ぼくは、大手事務所所属時代に、
    ― 経産省(経済産業省政策局)

    ― 日本銀行(金融市場局と決済機構局)
    に二箇所続けて出向に行かせてもらいました。

    この出向経験は、
    ー もともとは同程度の能力の人も、減点主義的組織で働くか?加点主義的組織で働くか?で、仕事に対するスタンスが大きく変わっていく、
    ことに気付かされました。

    日本銀行では、まことしやかに、
    ― 入行時に新入行員はリストにおいて優

    もっとみる