西田 章..

弁護士(第一東京弁護士会)で、キャリアコンサルティング&ヘッドハンティングをしています。著書「新・弁護士の就職と転職」(商事法務、2020年)。商事法務ポータルに「弁護士の就職と転職Q&A」を連載中 https://www.shojihomu-portal.jp/gyoukai

企業法務insiders

ビジネスの現場と法令との間で葛藤&奮闘する企業法務の「中の人」たちが書くnoteを集めたマガジン。「中の人」の定義は広めで。

すべて見る
  • 1056本

労働判例を読む#344

今日の労働判例 【学校法人河合塾(雇止め)事件】(東京地判R3.8.5労判1250.13) ※ 週刊東洋経済「依頼したい弁護士25人」(労働法) ※ 司法試験考査委員(労働法) ※ YouTubeで3分解説! https://www.youtube.com/playlist?list=PLsAuRitDGNWOhcCh7b7yyWMDxV1_H0iiK  この事案は、予備校講師Xが、生徒のアンケートなどに基づく人事考課が悪いことを理由に担当コマ数を削減した契約更新を、予備

スキ
1

労働判例を読む#343

今日の労働判例 【A大学ハラスメント防止委員会委員長ら事件】(札幌地判R3.8.19労判1250.5) ※ 週刊東洋経済「依頼したい弁護士25人」(労働法) ※ 司法試験考査委員(労働法) ※ YouTubeで3分解説! https://www.youtube.com/playlist?list=PLsAuRitDGNWOhcCh7b7yyWMDxV1_H0iiK  この事案は、Xが外国語教員の会議で他の外国語教員に対して侮辱的な発言をしたことに関し、大学のハラスメント委

スキ
4

労働判例を読む#89

今日の労働判例 【雄武町・町長(国保病院医師)事件】(札幌高判H30.8.9労判1197.74) ※ 週刊東洋経済「依頼したい弁護士25人」(労働法) ※ 司法試験考査委員(労働法) ※ YouTubeで3分解説! https://www.youtube.com/playlist?list=PLsAuRitDGNWOhcCh7b7yyWMDxV1_H0iiK  この事案は、外科医長として採用された医師(地方公務員)について、その条件付採用期間(試用期間)中に免職処分を受け

スキ
3

労働判例を読む#342

今日の労働判例 【ELCジャパン事件】(東京地判R2.12.18労判1249.71) ※ 週刊東洋経済「依頼したい弁護士25人」(労働法) ※ 司法試験考査委員(労働法) ※ YouTubeで3分解説! https://www.youtube.com/playlist?list=PLsAuRitDGNWOhcCh7b7yyWMDxV1_H0iiK  この事案は、外資系企業Yの業務縮小・組織変更に伴い、業務遂行能力について低い評価を受けていた従業員Xが、降格や配置転換を受け

スキ
3

西田法務研究所通信

NBL掲載「西田法務研究所通信」

すべて見る
  • 16本

NBL2021年1月15日号

NBL2021年1月15日号では、「新・弁護士の就職と転職 キャリアガイダンス72講」(商事法務)を紹介しました。

スキ
1

NBL2020年12月15日号

NBL2020年12月15日号では、東野調査事務所をご紹介させていただきました。

JCAジャーナル2020年12月号

JCAジャーナル2020年12月号では、伊藤眞東京大学名誉教授の「会社更生法・特別清算法」をご紹介させていただきました。

NBL2020年7月15日号

NBL2020年7月15日号では、内田貴東京大学名誉教授・早稲田大学特命教授の「民法Ⅲ(第4版)」をご紹介させていただきました。

著作等

過去に公表した著作等を紹介していきます。

すべて見る
  • 22本

再読「官庁に出向してみたい」『弁護士の就職と転職』(2007年、商事法務)89頁以下

週末の日経新聞に「公務員 転職希望が急増」という見出しの記事があった。見出しだけチラッと目に入り、てっきり、「コロナショックによる不況で、公務員人気が上がった」という内容だと勝手に推理していた(記事を読まずに)。でも、これは、昨年末までのデータに基づいて、「公務員からの人材流出が増えている。」という内容だったのですね(さすがに、コロナショックの影響が実績ベースで示されてくるのは、もう少し先ですよね)。 少なくとも、弁護士の人材市場では、今後、「中央官庁に任期付きに出向したい

スキ
8

再読「困っている人を助けられる弁護士になりたい」『弁護士の就職と転職』(2007年、商事法務)第2章 第1節

新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策としての自宅待機ムードの週末に、弁護士10年目を迎える方から、「ロースクール生時代に、西田さんの本を読んで、一般民事から企業法務系に志望に変更しました。困っている人を助けることを仕事にするならば、弁護士ではなく、公務員になったほうがいいですよね。」と言われる。 「なんのことだろう?」と思って、「弁護士の就職と転職」(2007年、商事法務)を引っ張り出してみて、「あぁ、このことか」と、第2章第1節を今更ながら読み直す。そういえば、一般民事

スキ
5

2019年4月 Business Law Journal「法務部門の管理職に聞く 人材採用・キャリアパスの課題」

Business Law Journal2019年4月号の「特集 法務部門の管理職に聞く 人材採用・キャリアパスの課題」にインタビューを掲載していただきました。

スキ
1

2019年2月「弁護士リクルートガイド2019」

「弁護士リクルートガイド2019」(2019年2月)にインタビュー記事を掲載していただきました。 『リーガルキャリアの自己分析2019』 1. はじめに Q 西田さんは、大手事務所勤務を経て、ヘッドハンティング業に転職されました。弁護士業務を続けることに魅力がなかったからなのでしょうか。 いえ、そんなことはありません。きっかけは、子供が障害を持って生まれて病院通いが多くなったので、「馬車馬のように働いてパートナー昇進を目指すのはやめよう」と思ったことでした。でも、イン

スキ
14

セミナー/講演等

過去に登壇したセミナー/講演の資料を掲載していく予定です。

すべて見る
  • 17本

2019年6月28日 日本組織内弁護士協会(JILA)第123回インハウスローヤーセミナー「社内弁護士のキャリアパスと市場価値」

インハウスのキャリアパスと市場価値 19:00~19:10 オープニング・トーク(西田章) 「忘れられない上司の名言(迷言)5つ  〜なぜ、私が「インハウス最大のキャリアリスク=上司との相性」   と考えるようになったのか?〜 上司A 法律事務所 パートナー 「西田さん、先に始めといて」 丸投げ型 上司B 法律事務所 パートナー  「あなたもう帰っていいわ。私はもうひとつ仕事があるから」 職人型 上司C 法律事務所 パートナー  「次から、ぼくをccから外しておい

2018年9月18日 日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク(CGネット)ダイバーシティ部会 報告

2018年9月18日、CGネットのダイバーシティ部会にて「法務人材紹介の成功例と失敗例」と題する講演を行いました。報告レジュメは以下のとおりです。 「法務人材紹介の成功例と失敗例」 2018年9月18日  弁護士 西田章(akira@nishida.me) (有料職業紹介事業 13-ユ-301907) 1.  報告書の自己紹介 2.  人材紹介業のビジネスモデル 3.  弁護士のキャリアモデル 4.  新卒人材市場 5.  転職希望者の事情 6.  中途採用ニーズ

スキ
5

2017年11月27日 セミナー「留学に頼らない教育法と米国法資格取得の市場価値」

スキ
1

2016年5月21日:早稲田大学法科大学院 就職情報交換会 講演レジュメ

2016年5月21日の早稲田大学法科大学院の就職情報交換会では、「大手事務所と人材市場」と題するスピーチをさせていただきました。