西田 章..

弁護士(第一東京弁護士会)で、キャリアコンサルティング&ヘッドハンティングをしています。著書「新・弁護士の就職と転職」(商事法務、2020年)。商事法務ポータルに「弁護士の就職と転職Q&A」を連載中 https://www.shojihomu-portal.jp/gyoukai

西田 章..

弁護士(第一東京弁護士会)で、キャリアコンサルティング&ヘッドハンティングをしています。著書「新・弁護士の就職と転職」(商事法務、2020年)。商事法務ポータルに「弁護士の就職と転職Q&A」を連載中 https://www.shojihomu-portal.jp/gyoukai

    ウィジェット

    • 商品画像

      新・弁護士の就職と転職――キャリアガイダンス72講

      西田 章
    • 商品画像

      弁護士の就職と転職―弁護士ヘッドハンターが語る25の経験則

      西田 章
    • 商品画像

      全国 法律事務所ガイド2016

    マガジン

    • 企業法務insiders

      • 1,054本

      ビジネスの現場と法令との間で葛藤&奮闘する企業法務の「中の人」たちが書くnoteを集めたマガジン。「中の人」の定義は広めで。

    • 西田法務研究所通信

      NBL掲載「西田法務研究所通信」

    • 著作等

      過去に公表した著作等を紹介していきます。

    • セミナー/講演等

      過去に登壇したセミナー/講演の資料を掲載していく予定です。

    記事一覧

    法律事務所の就活では「リーダーシップ」よりも「メンタルの強さ」をアピールする方が良いと思う理由

    2012年に発売された「採用基準」という本は、当時、ベストセラーになり、私もそのタイトルに惹かれて買った。読んでみると、マッキンゼーの採用マネージャーを12年務めた伊…

    西田 章..
    4か月前

    「大手法律事務所は『所内競争』が重要で、中小法律事務所は『対外的競争』が重要」と言われる理由

    司法試験受験生に対して、大手法律事務所で働くことの大変さを指摘すると、 「だったら、中小事務所のほうがいいんですか?」 と言われるし、かといって、中小事務所で働く…

    西田 章..
    4か月前

    法律事務所の面接の質疑で「先生はなぜこの事務所を選ばれたのですか?」と尋ねるのは愚かだと思うけど、良問としての機能する場…

    法律事務所への訪問において「何か質問はありますか?」と言われた就活生の中には、面接官である弁護士に対して「先生はなぜこの事務所を選ばれたんですか?」と尋ねる人が…

    西田 章..
    4か月前

    大手法律事務所への就職は「寄らば大樹」というよりも「捨てる神あれば」という感覚かな

    「noteでの記事は商事法務ポータルでの連載の焼き直しですね」というご指摘をいただきながらも、敢えて、それを繰り返して、今回は「就活は『寄らば大樹の陰』が無難なのか…

    西田 章..
    4か月前

    法律事務所への就活で「日本企業の海外進出支援業務に興味がある」と答える際の留意点

    法律事務所への就活では、古くから、 「どんな分野に興味があるの?」 という問いへの回答を用意しておくことが基本とされてきた。 模範回答のひとつは、 ― 個人的に特に…

    西田 章..
    4か月前

    大手法律事務所への就職は、「大は小を兼ねる」感覚で選択してもよいか?

    企業への就活において、総合商社を志望する際に、 ― まだ業界を絞りきれないため、多様な事業を展開している総合商社に入っておきたい、 というのは理解できる。 しかし…

    西田 章..
    4か月前
    法律事務所の就活では「リーダーシップ」よりも「メンタルの強さ」をアピールする方が良いと思う理由

    法律事務所の就活では「リーダーシップ」よりも「メンタルの強さ」をアピールする方が良いと思う理由

    2012年に発売された「採用基準」という本は、当時、ベストセラーになり、私もそのタイトルに惹かれて買った。読んでみると、マッキンゼーの採用マネージャーを12年務めた伊賀泰代さんが、そのご経験に基づいて「リーダーシップこそコンサルタントにとって最も重要なスキルです」と語られているのはとても説得力があり、「良い本だな〜」と思った。

    ただ、「これが法律事務所の就活に当てはまるか?」と言えば、「法律事務

    もっとみる
    「大手法律事務所は『所内競争』が重要で、中小法律事務所は『対外的競争』が重要」と言われる理由

    「大手法律事務所は『所内競争』が重要で、中小法律事務所は『対外的競争』が重要」と言われる理由

    司法試験受験生に対して、大手法律事務所で働くことの大変さを指摘すると、
    「だったら、中小事務所のほうがいいんですか?」
    と言われるし、かといって、中小事務所で働くのも大変だと指摘すると、
    「なら、やっぱり大手事務所のほうがいいんですか?」
    と言われてしまう。

    「大変さ」の質が違うことを整理した例としては、
    ― 大手事務所は、所内競争に勝ち残るのが大変で、
    ― 中小事務所は、対外的競争に生き残るの

    もっとみる
    法律事務所の面接の質疑で「先生はなぜこの事務所を選ばれたのですか?」と尋ねるのは愚かだと思うけど、良問としての機能する場面も

    法律事務所の面接の質疑で「先生はなぜこの事務所を選ばれたのですか?」と尋ねるのは愚かだと思うけど、良問としての機能する場面も

    法律事務所への訪問において「何か質問はありますか?」と言われた就活生の中には、面接官である弁護士に対して「先生はなぜこの事務所を選ばれたんですか?」と尋ねる人がいる。

    私は、この種類の質問を愚かだと思っていた。面接官がパートナーであれば、彼・彼女らが就活したのは、もう10年以上前のことであり、業務分野の流行も変化しているし、事務所の規模も、パートナーへの昇進しやすさも今とは異なっている。また、ア

    もっとみる
    大手法律事務所への就職は「寄らば大樹」というよりも「捨てる神あれば」という感覚かな

    大手法律事務所への就職は「寄らば大樹」というよりも「捨てる神あれば」という感覚かな

    「noteでの記事は商事法務ポータルでの連載の焼き直しですね」というご指摘をいただきながらも、敢えて、それを繰り返して、今回は「就活は『寄らば大樹の陰』が無難なのか?」(2017年6月26日)の再掲。

    要するに、
    ・ プロフェッショナルファームは(会社のように解雇権が制限されているわけではないので)パフォーマンスが悪いアソシエイトは切られざるを得ない。
    ・ 大手法律事務所のほうが、毎年、優秀な新

    もっとみる
    法律事務所への就活で「日本企業の海外進出支援業務に興味がある」と答える際の留意点

    法律事務所への就活で「日本企業の海外進出支援業務に興味がある」と答える際の留意点

    法律事務所への就活では、古くから、
    「どんな分野に興味があるの?」
    という問いへの回答を用意しておくことが基本とされてきた。

    模範回答のひとつは、
    ― 個人的に特に興味があるのは●●法なので、その分野の仕事があれば、ぜひ関与したい。
    ― もっとも、弁護士として一通りの案件は扱えるようになりたいとも思うので、●●法に限らず、どんな仕事でもご縁があれば精一杯取り組みたい。
    という二段階コメントである

    もっとみる
    大手法律事務所への就職は、「大は小を兼ねる」感覚で選択してもよいか?

    大手法律事務所への就職は、「大は小を兼ねる」感覚で選択してもよいか?

    企業への就活において、総合商社を志望する際に、
    ― まだ業界を絞りきれないため、多様な事業を展開している総合商社に入っておきたい、
    というのは理解できる。

    しかし、その感覚を、法律事務所への就活にも持ち込んで、
    ― まだ、専門法分野を絞りきれないため、多様な法分野をカバーしている大手事務所に入っておきたい、
    と考える就活生に対しては、「ちょっと待ったほうがいい」と言いたくなる。

    法律事務所にお

    もっとみる